きなトコ。

あーでもない、こーでもない。何てこったない。ネクラでごめんね。

デパガなんて言葉もう使わないよね、っていう女は一緒に働きたくない。

 

そんなこと、どーでもいいだろう。

と、ゆーことを考える きなです。こんにちは。

 

見出しは下記に無関係です。ごめんなさい。

 

さて。

昨日、美容院に行った話をしたのですが、まあ、んなこと、どーでもいいんですよね。芸能人でもあるまいし。おばさんが髪切ったや、髪染めたや、知ったこっちゃない。

 

だけど、だけど、読んでくださった方、ありがとうございます♡

サービスに♡なんか使っちゃいます。

 

で、本題。

 

サービスにお金を払うのか、技術にお金を払うのか、その他の消耗品にお金を払うのか。

 

美容院で考えていたんですよ。

庶民以下のワタシからすると、美容院って高いんです。高いって高価なことね。

すべてが終わったあとに、

「やっぱりプロに仕事をしてもらうと気持ちいいわ」なら、お金を払った価値があるというものです。

 

「クセが強いので、出来るだけ考慮していただけると」・・・「ちゃんと乾かしてますか」だとか、染まってみないとカラーがわからないだとか、長さが中途半端でどうにも出来ないだとか、仕上がりがわかりもしないのに、今日次回予約すると何パーセント引きだとか、なんだか、しっくりこない訳ですよ。

 

これってサービスなのかしら・・・

 

でもね、普通の日の午前中に、すごいお客さんの数なんですよ。

みんな、こんな、大金払って、普通に来てるの?

なんて感じた訳です。はい。

 

今日のグチは以上。